2015年8月22日土曜日

release


アルバムでます!来週8/26









                        Alfred Beach Sandal  "Unknown Moments"






発売延期を経ましたけど、できました~。延期を逆手にとって、Fugue Stateの7inchきることにも成功しました!すいませんでした!










今までひとりでやってたこととかもHoneymoonからは色々サポートしてもらえるようになってだいぶ変わって、今回とにかく制作からチームみんなでやったっていう感覚が強いです。
ありがたいことにガッツリ本気の人しかいなかったので、すごい楽しい環境でやれてよかった。めちゃ色んなこと受け取った。やっぱヌルいのはダメ。ワガママにやろうと思った。
できあがったものについてはもちろん作れてよかったって思えるけど、これ作ったからまた次に進めるわって思えてることが一番嬉しいかも。音楽やってけばどんどん良くなりつづけるわーって感じられるというのが。おれにとっては音楽はライフワークにしたいものだから、そう思いたいです。



ABSメンバーはいつもの岩見さん、みっちゃん。それから

タツ、zAkさん、我喜屋さん、5lackくん、STUTS、三太くん、わかなちゃん、えんちゃん、キムケンさん、felicity、Jazzy Sport、高田音楽制作事務所


ありがとうございました~~










あとここからは感謝特別編ですけど…



実はもう一回発売延期になるかものギリギリの案件あったんですけど、本気で本気の締め切り前日に「やべー、これもう一回延期になったらリリースツアーにアルバム出てない状態で行くことになるわー」っていうときに手伝ってくれた葛西さんまじでありがとうございました…。
(そんなこんなで勝手にスタジオお邪魔しまして、ユザーンさん蓮沼さん、すいませんでした&ありがとうございました)
そのようなギリギリ状態でおれとタツを乗せて東京を走りまわった佐藤伸治さんのミニ。カーステからはずっとフィッシュマンズのベスト盤流れていた。夏の思い出。
そんな感じで思い返すとなんやかんや色々ありましたけど、まぁまたなんか別の機会に。



あーっと、えーっと、あとはなんかあったっけ…









家族、生命、地球、宇宙


ありがとう~










とりあえずアルバム聴いて、そんでツアー来てください!!


2015年2月18日水曜日

Honeymoon

沖縄にツアーに行ってきまして(お世話になったみんな、ありがとうございました)、ドロドロになって東京に帰ってきたのですが、その後あんまり家に帰らないウロウロ生活を始めています。


家出して、とりあえずいい感じの屋根裏部屋に行きつきまして、ギターは持ってきてるのでここで曲作りまくろうと思ってます。音出しても怒られない屋根裏(じゃなくてもいいんすけど)があったら教えてください。春ぐらいまではそんな感じで街を這いずり回る暮らしかも。家出は楽しい


そんで昨日ハッピョーされてましたが、4/22に新しいCDがでます。四曲入りシングル



Alfred Beach Sandal "Honeymoon"
1. Honeymoon
2.Dynamo Cycle
3. Soulfood feat. STUTS
4. 人魚





ずっとライブでやってた曲なんで、ライブ見に来てくれてた方には「あー、あれね」って感じだと思いますけど、リリースできてうれしっす!
録音メンバーは、岩見継吾と光永渉のお馴染みGUYSに加えて、これまた毎度の遠藤"えんちゃん"里美、ビートメイカーのSTUTSと一緒にやりました。録音エンジニアにはzAkさんを迎えて、ヤイノヤイノやってます!仲原タッツDもいます!ジャケットデザインはもはやお馴染みと化した我喜屋位瑳務さんです〜






予告トレイラーはこちら。ついこないだの沖縄、SMOKEでのライブの映像です
またなんかオススメ情報と、ネット環境がある感じになったら報告します!

ヨロシクネ


                       








あ、あとリリースにともない、王舟とのツーマンツアーが5月にあるんだった!王舟アナログ発売オメデトウ

2014年12月31日水曜日

2014から2015

2014 年はアルバムのレコ発一月にやって、そこからいろんなとこにライブに行きました。


名古屋、大阪、岡山、仙台、ソウル、岐阜、沖縄、京都、広島、三重


たくさん演奏して、友達と遊んで。振り返ると割ともがいてた感じの一年ですけど、あっちこっちの街で演奏できたのはすごい楽しかった。


いなくなっちゃった友達や、なくなっちゃった場所。少しずつ変わってくこととか感じることも多くて、悲しかったりもしたんすけど、自分はやることがあるので、とりあえず気合いいれてやってくしかないかなと思ってるっす。どうもありがとうございました〜



FROM 2014 TO 2015

2014年11月5日水曜日

ローソン前に向かって駆けてくるハイハワ原田

弾き語りでライブをしばらくやっていた後でバンドになると、リズムの感覚が一人用のになっちゃってて、バンドでグルーヴするようになるまでちょっと慣れというか、勘を取り戻さないといけなくなる。
まあ俺が下手なだけなんすけど、一人のときは歌の節まわしで拍が伸び縮みしてるし、なにやってても勝手だから。バンドサウンドというのは音数の問題じゃなく構築だなと思いますね(たぶんみんなそんなことはとっくにわかっている)!しかしじゃあどっちかのリズムを基準にすればてっとりばやい、みたいな、そういうことでもなくて、自分の音楽にとってはどっちのあり方も大事なので、「あ〜また感覚忘れてる〜」とか思いながら間を行ったり来たりするほかないだろう。


「ライブハウスでバンドでやるの久しぶりです。大阪ぶりです」とか言ったけど、六月ぐらいに東京でやってたかも...まあなんでもいいや.......。
MC全然しゃべれず。馬場ちゃんからも「MCクソだったね」って言われたけど、最近はもう別にクソMCしても何も悪いと思わなくなってきてて、そうなるともうどうしようもない。この糞道(くそみち)を行ききるしかない。
出番最初だったから缶ビールを買いまくり飲んでたらなんか楽しくなってきて、いろんな人とペチャクチャしゃべった。ライブ後はここ半年ぐらいで一番流暢にしゃべれてたかも。ステージ上では話せないけどコンビニの前だと超話せる。もうダメだ。
岩見さんは夏目がGAPのモデルした話を聞いて、「じゃあ服いっぱいもらえるの??ちょうだい」とかいって、7歳の年齢差を感じさせないたかり方をしていて、その全然リスペクトされなそうな姿勢でいくの超いいなと思った。岩見継吾a.k.aパパ


Homecomings、吉田ヨウヘイgroup、キラキラしていた。彼ら彼女らからしたら俺たちはもう石や枯れ木のように見えたかもしれない。せめて砂っころにまみれたバイソンに見えていてくれたらよいと思う。音楽だけじゃなくて日々の生活においても自分がうっちゃってしまったものを感じさせられた。あの瑞々しさに対抗するにはおれは「Night Bazaar2」を作るしかないかもしれない。しかし、お祭りの時にも裏路地のゴミくず探しに夢中になってしまうような自分の性格では、それももうかなわなそうな気がする。







2014年10月29日水曜日

ギターっと歌

売れるとか売れないとかなんかもうそういう問題じゃないけど、ギターってなんか構えがださい


あの構えでさらに深刻そうに歌とか歌われると、それだけで自分にはずいぶん滑稽に見えて、なんとなくすんなり入ってきづらい。それでもかっこいい人はやっぱ本物だけど


情感こめられるのが昔から結構苦手で、そういうのは佇まいで語って欲しいし、なんていうか男のシンガーソングライターって特になんなんだろうって思う。女性だとなんでだかまた感じ方が違って、湿っぽくても好きなシンガーソングライターたくさんいるんだけど。
音楽がかっこよければなんでもいーんだけど、言葉はリズムだし、旋律はフロー、コードはハーモニー、弾いてるのは身体だから人間とか性格。おれは音楽については無知


おれはなんで弾き語りなんかやっているんだろうか
曲ばっかつくってる。ライブもっとやりて〜〜





――――――――――




roji8周年、ピンポン食堂10周年、ともにおめでたい日のイベントに呼んでもらえて、嬉しかった。自分の音楽はまったくアニバーサリーに向いてないなと演奏しながら思ったが、デディケイトのつもりで精一杯やった。(ちなみにロジとピンポンはオープンの日まったく一緒らしい。すげえ!西と東で。お店出すには縁起いい日なのかも)
ピンポンのライブ終わっておくまんで飲んで、さらにその後で小倉君じーまちゃん、聡子ちゃん杉本君と一緒にカラオケ行って歌って踊りつくした。めちゃ楽しかったし、小倉家で猫と一緒に寝て、最高だったとしかいいようがない

2014年10月10日金曜日

月食を見ようと住んでいるアパートの屋上にのぼった。屋上へは梯子がかかっているのだが、のぼっている人を見たことがない。

見上げてみると月はもう下のほうから欠けはじめていて、しかもばっちりのビュー。これは縁起がいいな、という気になって真っ暗な屋上で小躍りしていたら、向かいのマンションに帰宅中の人に見られていて、「何してるんですか」と不審がられて、「月っす」と答える